札幌ピアノ教室【響の森】ピアノd eクボタメソッドの講座を受けました

2021年02月11日 18:55
カテゴリ:お教室情報

今日は、祝日でしたね。
皆さんは、いかがお過ごしでしたか?

私は、前から気になっていた
【ピアノdeクボタメソッド】の資格講座を
受けささて頂きました。


東京での実施予定でしたが、緊急事態宣言も出ていることから、オンラインで受講致しました。



最近、育脳の記事を書いてきましたが
そこにも通じる、濃い内容でした。

赤ちゃんの生まれた時の脳細胞は、140億個あるそうです。
生まれてから、その細胞同士をくっつけるためのシナプスが形成されるのだそう。
それは、見て、聴いて、触って、食べて、嗅いで、の五感を使って脳を鍛えることで、脳の表面の大脳皮質が厚く大きくなります。

そのシナプスの増え方は、2、3歳で止まってしまうそうです。5歳を過ぎるとその使わない細胞がどんどん減っていくそうです。



そこまでに五感を使い脳をフルに使って、前頭前野を鍛える事により、その後の
地頭の良さが決まってしまう。

それくらい重要な事と言うことでした。


その後も、鍛える事を続けると認知症になりづらかったり、良いことが沢山あるそうですが、やはり2、3歳までの間に、どんな刺激を受けるか、そして褒めてもらって、ドーパミンが脳から出ている状態で、行うことがとても重要だと、とても勉強になりました。

ピアノで久保田メソッドは、ダイレクトにピアノを上手にすることが目的ではないのですが,ピアノにすんなり入っていける感覚を養える!
先生の弾いたものを真似する【視覚】、
【聴覚】弾くことで鍵盤を触る感覚
【触覚】や運動連合野【体感】を鍛えることが、地頭を鍛えることに繋がりワーキングメモリー(短期記憶)が鍛えられ、長期記憶も連動して、重要な事をしっかり頭に記憶させる役割をもちます。

長年の研究により、久保田 競先生と久保田 カヨ子先生により、実証されたメソッドです。

以前からテレビなどで、カヨ子先生の番組等を拝見して、興味がありましたが
とてもとても勉強になり、0歳からできるアプローチや、色々な遊びや知育道具を使う意味も学ぶことができました。

小さいお子さんがいらっしゃるお母様には、ぜひお勧めしたい内容でした💓



また、こちらの記事も書いていきたいです🌸
お読み頂きありがとうございました😊

沢山のお申し込みありがとう
ございます。
只今空きが少なくなっておりますが
 お時間の調整ができる場合もございます。

ホームページ空き情報をご覧いただき、
ご不明な時はメールお電話などでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

#札幌ピアノ教室
#札幌中央区ピアノ教室
#札幌宮の森ピアノ教室
#札幌中央区ピアノ教室
#クボタメソッド

記事一覧を見る